信濃路 探訪 (ふるさと探訪)

アクセスカウンタ

zoom RSS 【3年に1度の奇祭】    17.5.1

<<   作成日時 : 2017/04/30 17:40   >>

ナイス ブログ気持玉 42 / トラックバック 0 / コメント 0

千曲市雨宮地区に平安時代から伝わる五穀豊穣の祭りの、雨宮御神事(あめのみやごじんじ)が厳かに4月29日行なわれた
画像
画像


お宮の境内で昔ながらの伝統の笛太鼓のゆったりとしたリズムに合わせて五穀豊穣を願って踊る中、目の前の子役の太鼓打ちが太鼓を枕に居眠りを始め大きな音で眼を覚まし観客から笑いが上がる場面も・・・・・
画像
画像

独特な獅子頭や太鼓踊りなど村を巡行中に獅子の髪を奪い取るとご利益にあやかると言い奪い取る場面もありその後、祭りのクライマックスの「橋懸り」に1目見ようと集まった観衆の中、辺りがうす暗くなった6時半過ぎに開始
画像
画像

「斎場橋」から7m下の川に逆さ吊りにされ、獅子頭(重さ20k)持った氏子4人が静かに水面に降ろされたら前後に体を大きく振り獅子頭の髪が切れて流れまで何回も繰り返し振り提灯の合図で橋の上に引き戻される凡そ2分は逆さづりだろうか?
画像
画像

切れた髪(紙=神)は日本海に到着する頃、田植えが始まるとされている
橋懸りは2分位の短い時間ですが無事終えると川縁の観衆から拍手喝采
画像
画像

国指定重要無形民族文化財に指定されている祭り
画像
画像

獅子頭は和紙を何枚も張り合わせ手作ったお手製、御神事の年の4月に区民総出で各組の公会堂で製作「陽獅子」と 「陰獅子」が最後のクライマックスの「橋懸かり」で獅子頭の髪が落ちて流れていく数が多いと豊作になるとか?
facebook をシェアする
【facebook】で「橋懸り」の動画を見る事が出来ますアカウントのお持ちでない方は[後で] をクリックしてください


  撮影 : 長野県千曲市 雨宮 17.4.29

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 42
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
ガッツ(がんばれ!)
【3年に1度の奇祭】    17.5.1 信濃路 探訪 (ふるさと探訪) /BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる